羽毛布団をコインランドリーで洗うべきかクリーニングに頼むべきか

羽毛布団をコインランドリーで洗うべきかクリーニングに頼むべきか 布団宅配クリーニング
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
相談者
相談者

羽毛布団の洗濯、コインランドリーで自分で洗うべきか

クリーニングに出すか迷ってるんです・・・

衣替えのシーズン、羽毛布団を洗濯するときに出てくる悩みの一つが

「コインランドリーとクリーニングに出すの、どっちにしよう・・・!」

羽毛布団のクリーニングは割高なイメージもあり、

洗濯方法を毎年迷って結局洗わず・・・なんて人もいますよね。

ですが、羽毛布団は目には見えない汚れやほこり・ダニなどの心配があるのは確か。

こうママは、シーズンごとに洗濯をすることをおすすめしています。

羽毛布団の洗濯方法は
  • 自分で洗濯をする時間がある人にはコスパも良いコインランドリーがおすすめ
  • 時短命!自分の手間なくプロの手でしっかりと綺麗にしてほしい人クリーニングに出すのがおすすめ
こうママ
こうママ

コインランドリーももちろん良いと思いますが、

宅配クリーニングは

・プロの手で洗ってもらえる

・洗濯の手間を省ける

・申し込みから返却まで自宅で完結

なので、こうママは

宅配クリーニングに出すことをおすすめしています♪

\2024年最新!お得に布団を洗いたい人はここをチェック!/

>おすすめ1位:カジタクの「口コミ・評判」を見てみる

>おすすめ1位:カジタクの「布団クリーニングの料金」について見てみる

スポンサーリンク

羽毛布団をコインランドリーで洗う方法と手順

コインランドリー

羽毛布団をコインランドリーで洗う時は

どのような手順になるのか解説していきますね!

準備

  1. 洗濯表示を確認する
    • 羽毛布団の洗濯表示を確認し、洗濯機洗い乾燥機使用可能であることを確認する。
    • 洗濯表示に×ドライクリーニング推奨などの表示がある場合は、コインランドリーでの洗濯は避けたほうが良い。
  2. 羽毛布団をカバーから出す
    • 羽毛布団のカバーを外し、洗濯機に入れる。
  3. 洗濯機を選ぶ
    • 羽毛布団が洗濯機の容量の9割程度に入る大きさの洗濯機を選ぶ。
    • ドラム式洗濯機よりも、縦型洗濯機の方がおすすめ。
  4. 洗剤を選ぶ
    • 中性洗剤を使用する。
    • 蛍光剤漂白剤が入っていない洗剤を選ぶ。
  5. 乾燥機を選ぶ
    • 羽毛布団が乾燥機の容量の8割程度に入る大きさの乾燥機を選ぶ。
    • 低温乾燥機能がある乾燥機を選ぶ。

洗濯

  1. 洗濯機に洗剤を入れる
    • 洗濯機の洗濯量に合った量の洗剤を入れる。
  2. 羽毛布団を入れる
    • 羽毛布団をふんわりと洗濯機に入れる。
    • 詰め込みすぎないように注意する。
  3. 洗濯コースを選ぶ
    • 「毛布・カーテン」などのコースを選ぶ。
    • 洗濯時間は30分程度が目安。
  4. 洗濯スタート
    • 洗濯機を起動し、洗濯をスタートする。

乾燥

  1. 乾燥機に羽毛布団を入れる
    • 洗濯が終わった羽毛布団をすぐに乾燥機に入れる。
  2. 乾燥コースを選ぶ
    • 「低温乾燥」コースを選ぶ。
    • 乾燥時間は2時間程度が目安。
  3. 乾燥スタート
    • 乾燥機を起動し、乾燥をスタートする。

仕上げ

  1. 羽毛布団を取り出す
    • 乾燥が終わったら、すぐに羽毛布団を取り出す。
    • 取り出した羽毛布団は、手でほぐしながら形を整える。
  2. 完全に乾燥させる
    • 羽毛布団が完全に乾燥するまで、日陰で干す。
    • 完全に乾燥していないと、カビの原因となるので注意する。
注意点
  • 羽毛布団は2枚同時に洗わない
  • 乾燥機は低温乾燥を使用する
  • 羽毛布団が完全に乾燥するまで、日陰で干す
  • 洗濯表示に×ドライクリーニング推奨などの表示がある場合は、コインランドリーでの洗濯は避けたほうが良い
  • 高級な羽毛布団は、専門店で洗濯することをおすすめする

コインランドリーで羽毛布団を洗濯する際は、上記の点に注意して行いましょう!

羽毛布団を宅配クリーニングで洗うメリットと注意点

羽毛布団

メリット

  • プロによる洗浄で、羽毛布団を清潔に保つことができる
    • コインランドリーでの洗濯では落としきれない汚れやダニ、カビなどを、プロの技術で徹底的に洗浄することができます。
    • また、羽毛布団の素材に合った洗剤を使用するため、羽毛布団を傷めずに洗うことができます。
  • 羽毛布団のふんわり感を蘇らせることができる
    • クリーニングでは、専用の機械を使って羽毛布団を乾燥させるため、羽毛布団のふんわり感を蘇らせることができます。
    • 自宅で干すよりも早く乾燥させることができるため、羽毛布団が傷むのを防ぐことができます。
  • 防ダニ加工などのオプションを利用できる
    • クリーニングによっては、防ダニ加工や抗菌加工などのオプションを利用することができます。
    • これらのオプションを利用することで、ダニやカビの繁殖を抑制し、清潔な状態を保つことができます。
注意点
  • コインランドリーでの洗濯に比べて、クリーニングの費用は高くなります
  • 羽毛布団の種類や大きさによって、料金が異なる場合があります
  • クリーニングには、1週間程度の日程がかかります
  • 急ぎで羽毛布団を洗いたい場合は、注意が必要です
  • 一部、水洗いできない羽毛布団クリーニングできない羽毛布団があります
  • クリーニングに出す前に、羽毛布団の洗濯表示を確認する必要があります。

羽毛布団を宅配クリーニングに出す際の相場は約5,000円〜

羽毛布団をクリーニングに出す場合、料金相場は提供業者や地域によって異なりますが、一般的には5,000円から10,000円程度が目安です。

一度に依頼する羽毛布団の枚数によっても変わりますし、大きな羽毛布団や高品質な素材を使用したものは、それ以上の料金がかかることがあります。

洗濯や手洗いが難しい羽毛布団のクリーニングには、専門業者のサービスを利用することをおすすめします!

その理由は

こうママ
こうママ

「プロの手で間違いなく隅々まできれいにしてくれて、
自分の手間も省ける」から!

相談者
相談者

でも、布団クリーニングって高いイメージがあるんだけど・・・

実は初回限定の割引キャンペーン期間を狙って出すことで、意外と安く済ませることができるのです。

こうママが布団クリーニングをおすすめする理由
  • 自宅で簡単にネットで申し込みできる
  • 布団を持ち運ぶ必要がない
  • 支払いもネットで完結できる
  • 素人ではなくプロの手でしっかりと洗浄してくれる
こうママ
こうママ

布団の宅配クリーニングって、

2枚・3枚まとめて出すとさらに安くなるし、

かなりお得に利用できるんだけど意外とまだまだ知られてないのよね・・・

  • 初回限定クーポン
  • リピーターの割引
  • ポイントが貯まる

上記の割引をうまく使って、安く済ませましょう!

こうママ
こうママ

私のように、自分で洗うのが面倒で(笑)

時間も取れない!

という人にはやっぱり

宅配クリーニングがおすすめなのです!

冬の布団とこたつ布団をまとめて出すとさらに楽ちん♪

宅配サービスを利用すればその時間を他のことに充てることがきるようになるので、

時間に追われるストレスも半減

今よりも、自分の時間を確保することができる様になります♪

こうママ
こうママ

カジタクやクリーニングモンスター
クリーニング後に次のシーズンまで布団を預かってくれる保管オプションあり!
手間が省ける上に、収納場所も確保できて家の中もスッキリです!

>こうママおすすめNo.1の布団クリーニングはイオングループの【カジタク】

>コスパで選ぶなら【クリーニングモンスター】 もおすすめ!

さらに、

こうママが厳選ピックアップした布団クリーニングおすすめの7社もまとめてます♪

>【2024年最新情報】布団クリーニングおすすめ7社はこちら!

羽毛布団をコインランドリーで洗濯|メリットは手軽さ!

羽毛布団布団をコインランドリーで洗うメリットの詳細解説

1. 手軽に洗える

  • 自宅で洗濯機に入れるのが難しい羽毛布団も、コインランドリーの業務用洗濯機なら楽々洗えます。
  • 重たい羽毛布団を持ち運ぶ必要がなく、時間と体力に余裕が生まれます。

2. 清潔に仕上がる

  • 業務用洗濯機は洗浄力が強く、自宅の洗濯機では落としきれない汚れやダニもしっかり除去できます。
  • 高温乾燥機能で、羽毛布団をふっくらと仕上げることができます。

3. 乾燥まで任せられる

  • 自宅で干す必要がなく、日陰干しで時間がかかる心配もありません。
  • 天候に左右されず、いつでも清潔な羽毛布団を気持ちよく使うことができます。

4. 費用を抑えられる

  • クリーニングに比べて費用が安く、経済的です。
  • 定期的に洗濯することで、布団を清潔に保ち、買い替え頻度を抑えることもできます。

5. 時間短縮になる

  • 洗濯から乾燥まで、短時間で完了します。
  • 空いた時間を有効活用できます。

6. 防ダニ加工などのオプションがある

  • コインランドリーによっては、防ダニ加工などのオプションを利用できます。
  • アレルギー対策にも効果的です。

7. 羽毛布団専用の洗濯機がある

  • 羽毛布団専用の洗濯機を設置しているコインランドリーもあり、より安心・安全に洗えます。
  • 羽毛布団の傷みを防ぎ、ふっくらとした仕上がりを実現します。

8. 近くに利用できるコインランドリーがある

  • 最近では、コインランドリーの数がどんどん増えており、自宅や職場近くで利用できる場所が増えています。
  • 利便性の高いサービスです。

9. 環境に優しい

  • 自宅で洗濯するよりも、水道水や洗剤の使用量を抑えることができます。
  • 環境負荷を軽減するエコな選択です。

10. コインランドリーで洗濯する経験が楽しい

  • 最新の洗濯機や乾燥機を使える、非日常的な体験ができます。
  • コインランドリーで洗濯する時間も、ちょっとしたリフレッシュタイムになります。

コインランドリーでの洗濯の失敗と注意点

コインランドリーは、手軽に洗濯できる便利なサービスですが、使い方を間違えると、洗濯物が傷んだり、思わぬトラブルが発生したりする可能性があります。

失敗例

  • 洗濯表示を確認せずに洗濯してしまった:
    • 洗濯表示を確認せずに洗濯してしまうと、縮んだり、色落ちしたり、破損したりする可能性があります。
  • 洗濯機の容量を超えて洗濯してしまった:
    • 洗濯機の容量を超えて洗濯してしまうと、汚れが落ちなかったり、洗濯機が故障したりする可能性があります。
  • 洗剤を入れすぎ・入れなさすぎしてしまった:
    • 洗剤を入れすぎると、洗濯物が白っぽくなったり、すすぎ残りが発生したりする可能性があります。
    • 洗剤を入れなさすぎると、汚れが落ちなかったり、臭いが残ったりする可能性があります。
  • 乾燥機の使用時間を間違えた:
    • 乾燥機の使用時間を間違えると、洗濯物が乾きすぎたり、焦げたりする可能性があります。
  • 洗濯ネットを使用しなかった:
    • 洗濯ネットを使用しないと、洗濯物が絡まったり、毛玉ができたりする可能性があります。
  • デリケートな衣類を洗濯してしまった:
    • デリケートな衣類は、手洗いまたはクリーニングが必要なものがあります。
    • 無理に洗濯機で洗ってしまうと、傷んでしまう可能性があります。
  • 洗濯物を放置してしまった:
    • 洗濯物を洗濯機や乾燥機に入れたまま放置してしまうと、シワになったり、臭いが発生したりする可能性があります。
  • 貴重品を入れて洗濯してしまった:
    • コインランドリーでは、洗濯機や乾燥機の中に貴重品を入れて洗濯することは絶対に避けてください。
    • 盗難や紛失の原因となります。

羽毛布団をコインランドリーで洗う時の注意点

  • 洗濯表示を確認する:
    • 洗濯表示を確認してから、洗濯機や乾燥機を選びましょう。
  • 洗濯機の容量を守る:
    • 洗濯機の容量を守って、洗濯しましょう。
  • 適量の洗剤を使用する:
    • 洗濯機の取扱説明書に記載されている量の洗剤を使用しましょう。
  • 乾燥機の使用時間を適切に設定する:
    • 洗濯物の種類や量に合わせて、乾燥機の使用時間を適切に設定しましょう。
  • 洗濯ネットを使用する:
    • 洗濯ネットを使用して、洗濯物を洗いましょう。
  • デリケートな衣類は洗濯しない:
    • デリケートな衣類は、手洗いまたはクリーニングに出しましょう。
  • 洗濯物を放置しない:
    • 洗濯が終わったらすぐに洗濯物を取り出し、干しましょう。
  • 貴重品は持ち込まない:
    • コインランドリーには、貴重品を持ち込まないようにしましょう。

その他

  • コインランドリーによっては、洗濯機や乾燥機の使い方について説明書きが掲示されています。
  • わからないことがあれば、コインランドリーのスタッフに尋ねましょう。
  • 周りの人の迷惑にならないように、マナーを守って利用しましょう。

羽毛布団をコインランドリーで洗う際の仕上がりと品質について

仕上がり

  • ふっくら感:
    • 業務用洗濯機の強い水流と温風で、羽毛をほぐし、ふっくらと仕上げることができます。
    • 自宅で洗濯するよりも、羽毛がダマになりにくく、ボリューム感がアップします。
  • 清潔感:
    • 高い洗浄力で、目に見えない汚れやダニもしっかりと除去できます。
    • 清潔な羽毛布団で、気持ち良く眠ることができます。
  • 乾燥度:
    • 業務用乾燥機でしっかり乾燥できるので、羽毛布団内部に湿気が残りません。
    • カビやダニの繁殖を防ぎ、長持ちさせることができます。

品質

  • 羽毛布団の種類:
    • 高機能な洗濯機・乾燥機を使用しているコインランドリーであれば、羽毛布団の種類に合わせた洗い方が可能です。
    • ダウンボールや羽毛の繊細な素材を傷めずに、丁寧に洗うことができます。
  • 洗い方・乾燥方法:
    • 経験豊富なスタッフが、羽毛布団の状態に合わせて、適切な洗い方・乾燥方法を選択いたします。
    • 長年の経験とノウハウに基づいて、羽毛布団を最適な状態に仕上げます。
  • オプション:
    • 防ダニ加工や抗菌加工などのオプションを利用することができます。
    • アレルギー対策や、羽毛布団の劣化を防ぐことができます。

注意点

  • 洗濯表示を確認する:
    • 洗濯表示を確認してから、コインランドリーで洗うかどうか判断しましょう。
    • 水洗いできない羽毛布団や、クリーニング推奨の羽毛布団は、コインランドリーでの洗濯は避けてください。
  • 羽毛布団専用の洗濯機があるコインランドリーを選ぶ:
    • 羽毛布団専用の洗濯機があるコインランドリーであれば、より安心・安全に洗えます。
    • 羽毛布団の傷みを防ぎ、ふっくらとした仕上がりを実現します。
  • 信頼できるコインランドリーを選ぶ:
    • 評判の良いコインランドリーを選ぶようにしましょう。
    • 羽毛布団の洗濯に慣れているスタッフがいるか、設備が整っているか確認しましょう。

コインランドリーで羽毛布団を洗うことで

自宅で洗濯するよりも、ふっくらと清潔に仕上げることができます。

ただし、すべての羽毛布団がコインランドリーで洗えるわけではありません。

洗濯表示をよく確認し、信頼できるコインランドリーを選ぶようにしましょう。

コインランドリーでの布団洗濯の料金と時間の目安

コインランドリーでの布団洗濯の料金相場と内訳

コインランドリーでの布団洗濯の料金相場は、洗濯機・乾燥機の容量布団の種類地域コインランドリーによって異なります。

一般的な料金相場は

  • 洗濯機:
    • シングルサイズ: 500円~800円
    • ダブルサイズ: 800円~1,200円
    • クイーンサイズ: 1,200円~1,500円
    • キングサイズ: 1,500円~2,000円
  • 乾燥機:
    • 10分: 100円~200円
    • シングルサイズ: 500円~800円
    • ダブルサイズ: 800円~1,200円
    • クイーンサイズ: 1,200円~1,500円
    • キングサイズ: 1,500円~2,000円

内訳

  • 洗濯機: 洗濯機の容量、洗濯時間、洗剤代
  • 乾燥機: 乾燥機の容量、乾燥時間
  • その他: オプション料金(防ダニ加工など)

  • シングルサイズの羽毛布団を洗濯・乾燥する場合: 1,000円~1,500円
  • ダブルサイズの羽毛布団を洗濯・乾燥する場合: 1,500円~2,000円

コインランドリーを選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

  • 洗濯機・乾燥機の容量: 布団の大きさや厚さに合った容量の洗濯機・乾燥機を選ぶ。
  • 布団の種類: 羽毛布団や綿布団など、布団の種類に対応しているコインランドリーを選ぶ。
  • 料金: 洗濯機・乾燥機の種類、布団の種類、地域によって料金が異なるので、事前に確認する。
  • オプション: 防ダニ加工など、必要なオプションがあるかどうか確認する。
  • 口コミ・評判: 利用者の口コミや評判を参考に、良いコインランドリーを選ぶ。

コインランドリーでの布団洗濯は、自宅で洗濯するよりも手軽に布団を仕上げることができます。

ただし、料金や仕上がりはコインランドリーによって異なるので、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

コインランドリーでの布団乾燥の時間と目安

コインランドリーでの布団乾燥時間は、布団の種類大きさ厚さ乾燥機の性能設定温度によって異なります。

目安としては

  • 羽毛布団:
    • シングルサイズ: 30分~40分
    • ダブルサイズ: 40分~50分
    • クイーンサイズ: 50分~60分
    • キングサイズ: 60分~70分
  • 綿布団:
    • シングルサイズ: 20分~30分
    • ダブルサイズ: 30分~40分
    • クイーンサイズ: 40分~50分
    • キングサイズ: 50分~60分

ポイント

  • 最初は短めの時間設定で乾燥し、様子を見ながら時間を追加していく。
  • 途中で裏返して乾燥すると、均一に乾燥できる。
  • 完全乾燥するまで乾燥機にかける。
  • 乾燥機から取り出した後は、すぐに布団を広げて冷ます。

コインランドリーによっては、布団乾燥専用のコースが用意されている場合があります。

その場合は、コースの説明に従って乾燥時間を設定すれば良いでしょう。

また、スタッフに尋ねれば、乾燥時間の目安を教えてくれる場合もあります。

布団を乾燥機に入れる前には

  • 洗濯表示を確認し、乾燥機が使えるかどうか確認する。
  • 布団カバーやシーツを外す。
  • 羽毛布団の場合は、羽毛が飛び出ないようにネットに入れる。
  • 濡れたまま乾燥機に入れると、カビやダニが発生する原因になるので、しっかりと脱水する。

乾燥しすぎると布団が傷んだり、縮んだりする可能性があるので、注意が必要です。

羽毛布団をコインランドリーで洗うべきかクリーニングに頼むべきか

羽毛布団の洗濯方法は、あなたのライフスタイルやコスパ、車があって布団を運べるのかなどさまざまな理由を総合して決めるのが良いでしょう!

最低でも年に1度は洗濯をすることを心がけて清潔な布団で快適な睡眠を保つことができます。

こうママ
こうママ

・洗濯の時間がなかなか取れない人

・時短命!プロの手で綺麗にしてほしい!

そんな人には布団の宅配クリーニングが断然おすすめ

さらに保管サービスを併用することで収納場所の問題も同時に解決できます。

布団クリーニングの保管サービスについてはこの記事で詳しく解説しています↓

布団クリーニングの保管サービスは1枚からでもOK!【各社徹底比較】

あなたは

コスパ最強!コインランドリー派?

それとも

時短命!隅々まで徹底洗浄をプロにお願いできる宅配クリーニング派?

>こうママおすすめNo.1の布団クリーニングはイオングループの【カジタク】

>コスパで選ぶなら【クリーニングモンスター】 もおすすめ!
★2024年最新★布団・宅配クリーニングランキング
こうママおすすめ厳選7社はこちら
★2024年最新★布団・宅配クリーニングランキング
こうママおすすめ厳選7社はこちら